BLOG

ブログ

ガイアの夜明けで有名な『丹後王国 食のみやこ』

2018.09.14 DRONE

10月に開催予定のドローンのイベントの打ち合わせで、
京都にある丹後王国に行ってきました。

あのガイアの夜明けで一躍有名になった『丹後王国 食のみやこ』です。
ここは西日本最大級の道の駅で、広さで言えば甲子園8個分です。
なかなかイメージつかないと思いますが、とにかく大きいです。

位置として京都の最北部にあります。
日本海のすぐ近くです。
そう、京都って山のイメージが強いですが、実は海にも面してるんですね!!

今日1日で太平洋の淡路島から京都の日本海を横断しました笑
でも2時間半くらいでいけるんで、近い。

海も山も楽しめる、ある意味、淡路島と似てます。
異なる点は冬に雪が積もる点でより四季が楽しめる場所です。

そして何と言っても東経135度に位置しており、これも淡路島と同じ。
135度は日本時間の基準となっている場所です。日本の基準です。

丹後王国は子供が遊べる公園もあるし、食のみやこだけあり飲食店も豊富です。
寿司、ラーメン、肉、そば、何でもあります。
地ビールがうまいです。

そして動物もいる。セクウェイも体験できる。
まるでテーマパークのようです。
道の駅なのにホテルも併設してます。

さすが、ガイアの夜明けに特集されるくらいです。

地方は土地が広い。本当に色々巨大で、スケールが大きい。
東京にいた頃は公園がなかったり、空いてる土地がほとんどない。そして緑もない。
でも地方には都市部にないものが有り余ってます。

建物に囲まれてることが自然なのか。
大自然に囲まれてることが自然なのか。

人間にとって本質的な問いですね。

ある意味真っ白なキャンパスです。
アイデア次第で色々新しいチャレンジでできる宝庫です。

そして淡路島同様、丹後王国にも個性的で面白い人々が集まってきてます。
面白い人、チャレンジしている人が多い場所に人が引き寄せられていく。
これは間違いないです。

淡路島と丹後王国、色々連携できそうです。

動画は丹後王国の食事ができるスペースです。
この開放感、堪らない!!

 

 

 

WRITER

Kuniaki Sasaki
東京出身 株式会社パソナへ入社し、社会の問題点を解決すべく、人材採用支援など、あらゆる職種、人々の生き方の支援を行う。2016年には東京から家族で淡路島へ移住し、観光産業、移住促進事業に携わり、2017年社内ベンチャー制度を使って起業。東京からの視点で地方の魅力を見つけ、少子高齢化、人口減少、東京一極集中の課題を解決すべくチャレンジ中。

SHARE

Social Drone

DRONE

ドローン撮影の流れ

Social Drone

DRONE

CONTACT

撮影依頼の相談・スケジュールなどお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせ

070-4112-6450

\365日受付けております/

インターネットでのお問い合わせ

MAILFORM
ページの先頭へ
お問い合わせ